メインイメージ

高麗人参で身体を温めれば病気知らずに

女性の身体にとって冷えは大敵であります。
体温が下がるごとに、身体の免疫力も低下していくため、病気になりやすくなります。
現代人は昔の人に比べて、体温が低くなっている傾向があります。

特に女性は男性に比べると皮下脂肪が多く筋肉量が少ない傾向があります。
そのため体温を造り出すことが出来ず、冷え症になりやすいのです。
身体が冷える原因として、血液の流れがスムーズでないこともあげられるでしょう。
特に末端神経に行くほど、血流が流れにくくなるため、両手足が冷たくなってしまうのです。
こうした症状が続くことにより、低体温症が慢性化し、がんなどの病気になりやすくなります。

高麗人参には、こうした冷え性を改善させてくれる効果があります。
高麗人参に含まれるサポニンが悪玉コレステロールを抑制し、血管を広げ血流をよくするため、手足の冷え症改善にはとても効果があります。
他にもミネラル分が含まれているため、栄養素が身体の中で早く消化され、代謝エネルギーに変化させてくれる働きがあります。
基礎代謝が上がるため、体温もそれにともなり、高くなっていきます。

ちなみに健康な体温は36.5~37度です。
ずいぶん高めだと思われる方もいるかもしれませんが、この体温が一番健康的で、免疫力が高い状態なのです。
体温が1度下がるたびに、不健康になっていき、35度以下では低体温の状態になっていきます。

35度以下になるとがん細胞が活性化されてしまうため、冷え性は男女ともに改善しなければならない問題でしょう。

トップに戻る