メインイメージ

痛風は鋭い痛みをもって始まり高麗人参に効能があります

Pic of 高麗人参

痛風はある日突然、鋭い痛みを足の親指の付け根に発症します。
歩けないのはもちろんのこと、少しの動きで鋭い傷みがありますので家にいるしかありません。
病院に行き受付を済ませ、名前を呼ばれると診察室に行くのですが、痛くて診察してに行くのに時間がかかります。
医師が様子を見に来るくらいです。
その反面、乗用車の運転にはさしたる影響がないのです。
乗用車への乗降時は傷みが激しいのですが、運転中は痛みを忘れるほどです。
痛風は糖尿病と同じように生活習慣病の一つと言われています。
これを放置しておくと心臓病、尿道結石など合併症に繋がる恐れがあります。
病院で診察を受けると血液検査により尿酸値を図ります。
尿酸値は個々の体質により許容値の限度を超えていても発症しない場合がありますが、許容値ギリギリで発症する場合があります。
原因となるのはプリン体の入った食物を摂りすぎることにあります。
プリン体を摂りすぎると余ったプリン体が尿酸になり、関節等に蓄積されるのが原因です。
またストレスも原因として大きな位置を占めます。
毎日の生活習慣を変えることから治療の第一歩が始まります。
痛風を患っている時に、外せない打ち合わせ会がありました。
出席を見合わせようとしましたが説得されて顔だけ出すことになりました。
プリン体の多く入っている食材の蟹料理店での会合でしたので、一人だけ別メニューにしてもらいました。
以後、蟹意外にもプリン体の多い食品は極力食べないという食事制限を行いました。
それとウオーキングを主体とした適度の運動を欠かさずに行いました。
ビール等アルコール飲料は傷みが収まるまでは止めたのは当然のことです。


しばらく通院しましたが薬が弱かったせいか経過は今ひとつでした。
一週間くらいで痛みがなくなるという通説を信じていましたが経験者に相談したところ、高麗人参を紹介されました。
高麗人参は滋養強壮の生薬として有名です。
日本では身体に良いということが昔からよく知られていましたが、栄養バランスが優れているという特徴があります。
高麗人参の栄養をしっかり摂る方法としてはお茶にして飲むというのが一般的であり韓国では顕著な広がりを示しています。
高麗人参にはサポニンという成分が多く含まれています。
このサポニンという成分は血液浄化作用がありますので、痛風には効果を発揮します。
痛風によって血液がドロドロの状態になり老廃物を排出できにくくなります。
また痛風になる以前の不規則な食生活によって血液の状態は悪くなり血流は悪くなってきています。
サポニンは血液の浄化作用を活発にしてくれます。
普段不規則な生活をしている人に対しては予防の効果があります。
血液をサラサラにするということは血液が流れやすくなるということです。
血液がスムーズに流れると心臓の負担は減り、その結果内蔵の負担が減ります。
高麗人参の代表的な効能は疲労回復、新陳代謝の促進、冷え性の改善があります。
もう一つの効能は自律神経の乱れを改善したり、ストレスを解消することです。
ストレスは万病のもとと言われると同時に痛風の一つの原因でもあります。
韓国に旅行に行きますと土産物の代表的なものは高麗人参です。
若くて元気な時には気になりませんが、中高年を過ぎた頃からは高麗人参を購入して自分はもちろんのこと、知人及び友人等に勧めることが重要なこととなります。

トップに戻る