メインイメージ

万能薬である高麗人参の美肌効果と選び方

Pic of 高麗人参

高麗人参は昔から「万能薬」として利用されてきておりその効果、効能についてはさまざまなものがあります。
風邪予防から低血圧症、貧血対策、動脈硬化、糖尿病ガンの原因となる血栓を防ぐ効果にいたるまで万能薬と言われるにふさわしい効果、効能があります。
そのなかでも一般的に良く聞く一番代表的な効能としては美肌効果があげられます。
事実、有名な産地である中国や韓国の方は肌がきれいな方が多いと言われていますが、これは普段から摂取する機会が多いからではないでしょうか。
美肌効果といってもさまざまですが特に効果的なのが乾燥肌と大人になってからのニキビに対してだといわれています。
まず乾燥肌についてですが乾燥肌の人間にとって秋から冬場にかけての肌のケアは非常に大変です。
肌の乾燥に十分に注意をしていても気づけばすぐにカサカサの肌になってしまっています。
しかし高麗人参を飲む事によって体の中から肌に十分な栄養をあたえて乾燥対策をして美しい肌にする事ができます。
実際に高麗人参を飲み始めてから冬場の乾燥肌には過去の冬場と比べて明らかに変化がありました。
また大人になってもできてしまうニキビに対しても効果があります。
食生活や生活リズムによるホルモンバランスの乱れ、ストレス社会における精神的な乱れなどによって大人になってからのニキビもできてしまいます。
高麗人参にはこのホルモンバランスの調整とストレスの鎮静効果もあるため大人になってからにニキビにも効果的です。
大人になってからも時々できていたニキビも飲むようになってからできた記憶がありません。


このように美肌効果がある高麗人参ですが世間にはさまざまな商品があります。
初心者にとってはそんな多数の商品の中からどのように比較をして商品を選べば良いかはわかりません。
そこで初心者の方向けの高麗人参商品の選び方をお伝えしたいと思います。
そもそも高麗人参の効能はその含有成分にあります。
含有成分の中の「サポニン」という有効成分が美肌効果に有効にはたらきます。
サポニンは植物の根によく含まれる成分ですが高麗人参が他の即物と比較して最も豊富に含まれています。
このサポニンには抗酸化作用があり細胞の活性化を促す効果があります。
細胞が活性化するという事は肌のターンオーバーが促され自然にお肌の改善が促されるという事になります。
つまりこのサポニンの含有量をによって効果が変わってくる事になってきます。
商品へのサポニンの含有量が多ければ多いほど良いということです。
しかしこのサポニンの量は栽培環境、栽培年数や加工方法などによって変わってきます。
特に加工方法がもっともサポニンの含有量を左右します。
そのため原材料の確認をすることにより含有量の多い加工がされているか確認をする事が必要です。
加工方法には皮をむいて乾燥させる白参と皮をむかずに蒸し乾燥させた紅参の二種類があります。
このうち皮をむかずに加工した紅参の方が豊富な栄養分が含まれています。
つまり原材料がこの紅参であることがまずは必須条件になります。
同じ紅参でも収穫方法により栄養素に差がでてきるとの事ですので注意が必要です。
また高麗人参の栽培年数についても重要な要素となっています。
一般的には「6年根」が良いといわれています。
これは種を植えてから少しずつ含有量が増えていき6年目に含有量が最大のピークになるためです。

トップに戻る