メインイメージ

薬用酒などの高麗人参の楽しみ方

Pic of 高麗人参

高麗人参は健康効果も高く私も愛用しているのですが、生産地や生産方法、保存料の使用などが気になって製品選びにかなり気を使っています。
正直、高麗人参の産地は海外が多く、その産地は食品や薬品の基準や管理がまともに行われている国ではないので利用できません。
国内産の高麗人参もあるので、生や乾燥したものを直接生産地から購入することにしています。
国内産の高麗人参は量が少なく貴重ですが、インターネットなどを探せば見つけることはできます。
生産地に直接コンタクトを取って買い付けることをおすすめします。
やはり、農薬や生産方法などが信頼出来る国のものをつかないと、いくら健康効果が高くでも品質に問題があっては意味が無いからです。
生産地から高麗人参を入手したら、煎じて利用するのもいいのですが、試して見ていただきたいのが薬用酒です。
手作り薬用酒は簡単に作ることができ、効能をフルに活用することができます。
管理も簡単で基本的には冷暗所に保存して時々様子を見てあげるだけですから、初めて作った方でもトラブルもなく作ることができます。
更に薬効を高めるために人参以外の物を加えるのもおすすめします。
作り方は簡単です。
生のものと乾燥したものではレシピに多少違いが出てきますが、基本的にはさほど違いはありません。
生のものの方が早く飲むことができるので、まずは生で試してみてみることをおすすめします。
私は一年を通じて利用していますが、数ヶ月で飲めるようになるので、風邪の流行るシーズンに合わせたり季節の変わり目の体調が悪くなる時期などに合わせて準備することをおすすめします。


高麗人参は冷え性や体力の増強などに効果的です。
薬用酒で試してみることをおすすめします。
ホワイトリカーに漬け込むだけで簡単にできるので、誰でも簡単に作ることができます。
レシピはインターネットで検索すれば簡単に入手出来ますが、ホワイトリカー一升に対して乾燥した人参なら100グラム、生のものなら200グラムというレシピが一般的なようです。
汚れを落として付けこむだけなので、難しいことは何もありません。
管理は冷暗所で保存して時々様子を見てやるだけです。
生のものなら早い場合ならひと月で飲み始めることができます。
冷え性の改善には特に効果があります。
私も冷え性のために、夜の寝付きが悪かったのですが、薬用酒を飲むようになってから冷え性で寝付けないということはなくなりました。
就寝の一時間前ぐらいに飲むようにしています。
お風呂に入って少し落ち着いてから飲んでいます。
小さめのおちょこに一杯飲むだけで、体がぽかぽかしてくるのがわかります。
私のお気に入りのリラックスタイムになっています。
体がぽかぽかして気持ちがよくベッドで体をマッサージしていると一日の疲れがとれていくのがわかります。
血行を促進してくれる効果があるので、一日のデスクワークで血流が悪くなってしまっていた肩や腰、下半身などの血液の循環が良くなっているのが実感出来ます。
血液の循環が良くなるだけでも、体の疲れや様々な問題も解消できるので、薬用酒はおすすめです。
高価な高麗人参ですが、薬用酒を手作りすれば大変コストパフォーマンスの良い健康食品になります。

トップに戻る