メインイメージ

高齢人参って美味しいの?

大昔から滋養強壮などに効果があるとされてきた高麗人参ですが、高麗人参は普通の家庭料理には向かない野菜です。
アクのような苦みが強いので、そのまま食べることはほとんどありません。
刺激が強いので、加工されていないと時に胃を痛めてしまうこともあります。

はっきり言って、美味しい野菜というものではないようです。
そのため高麗人参の入った健康食品はいろいろありますが、時にはにおいや味が強く、飲みづらい食べづらいものもかなりあります。
それでも高麗人参は、その苦みの中にサポニンという健康促進に効果がある成分がたくさん含まれています。

このサポニンという成分は体のさまざまな箇所で効果をあらわしますが、代表的なものとしては、血圧や貧血、糖尿などの数値を安定させるということが知られています。
さらに体を温めて免疫力をアップさせ、サポニンのほかにも含有されているアルギニンやマグネシウムが滋養強壮に役立ちます。
こんなにオールマイティな植物は他にはありません。
そのため本場韓国では万能薬として、今でも家庭に常備されていることが多いのです。

そして、何も健康に問題がある人だけに効果があるというわけではありません。
持病がない人でも体の免疫力を上げることで風邪などの予防効果を上げることができます。
そして注目したいのは高麗人参には水分を引き留めるという習性があることです。

体内の水分を余分に流してしまわないという働きはサポニンの血糖値や血圧を安定させるという効果によるものですが、水分を逃がしすぎないことで肌の潤いが保たれ、美肌効果もあります。
古くから万能薬として知られる高麗人参、美味しいというものではありませんが、サプリメントであれば味は感じません。一家に常備したい健康食品です。

トップに戻る