メインイメージ

高麗人参はどんな味がする?

血液をサラサラにして血管を拡張し、肌の代謝を促進させて血流を改善する効果があるとして知られる高麗人参。
内臓機能の正常化や活性酸素を除去する抗酸化作用でも知られており、アンチエイジングなどの健康面から積極的に摂取したい健康食品のひとつです。

一般的に漢方などの生薬には高麗人参の根の部分を利用しています。

植物の根の部分は土の中で育つ上に、効果の高い高麗人参は収穫まで年月を要するので、長い期間を地中で培うことになります。
そのため、高麗人参はゴボウにも似た土臭い香りがするのです。
また、漢方独特の香りとえぐみが特徴で、いかにも薬といった苦味が強い風味なので、そのままで摂取するのは難しいという問題もあります。

そこで美味しく取り入れる方法を工夫することで、高麗人参の苦味を気にせずに摂取できるようになるのです。
高麗人参自体をそのまま摂取するよりも、フリーズドライや顆粒のものの方がクセが少ないので取り入れやすいと言えます。
その他には別の食材などと一緒に摂取するという方法があります。
ゆずやレモンなどの柑橘類の果汁と一緒にお茶に混ぜて飲む方法や、お酒に漬けて炭酸水やカシスなどで割って飲む方法、キムチやサムゲタンなど元から高麗人参を利用しているコリアン料理に混ぜて食べる方法などです。

甘味や酸味などの別の風味を混ぜることで、日常に無理なく取り入れることができるようになります。

トップに戻る