メインイメージ

高麗人参に含まれている成分と効果

高麗人参に含まれている成分は健康効果が高く、昔から現在まで漢方薬として使用されています。
高麗人参にはサポニン、アルギニン、アルカロイド、カリウム等多くの有効成分が含まれています。

なかでも高麗人参特有のサポニンの一種であるジンセノイドは、認知機能の低下防止や感染症予防に有効と言われています。
他にもサポニンには自律神経の乱れを整えたり、悪玉コレステロールを低下させたりする健康効果や、女性に嬉しい脂肪蓄積を抑えたり、美肌等の美容効果が期待出来ます。
アミノ酸の1つであるアルギニンは免疫細胞を活性化させて免疫力を高めます。
大豆製品や鶏肉等の食品や界面活性剤としてシャンプーにも含まれています。
アルギニンはサポニンと同様に、ダイエット、美肌に効果があり、他にも血液をサラサラする効果で血液の循環を良くして血行不良を改善し、動脈硬化の予防や頭痛や肩こり等の血行不良の症状に効果があります。
アルカロイドはジャガイモの芽に含まれるソラニン等有毒なイメージがありますが、アルギニンと同様、免疫力を高める効果が期待出来ます。
カリウムはミネラルの1つで、乱れた食生活や飲酒等でのナトリウムの過剰摂取による血圧上昇を抑えたり、むくみを解消したり、筋肉を正常に機能させる効果があります。

この様に様々な効果が期待出来る高麗人参ですが、過剰摂取は禁物です。
高血圧症等の治療で薬を日常的に服用している場合は医師へ相談してから摂取する様にして下さい。

トップに戻る