メインイメージ

高麗人参を選ぶポイント

高麗人参は、中国にて古くから漢方薬として用いられています。
そして、西洋医学の発展の中でも、生活習慣病、うつ病、癌、美容、慢性疲労、ダイエットにと、万能薬として注目されています。
このように注目を浴びている高麗人参、沢山の数のサプリメントが販売され、どの製品を選ぶのが良いかの判断ポイントをお伝えします。

まず、高麗人参の質で選ぶ場合です。
有効成分である、サポニンの含有量の多さで分かります。
高麗人参は、種を植えてから何年と数えて、何年根という名称がついています。
サポニン含有量がピークに達する六年根が一番良質となります。

そして、紅参製品であることです。
紅参(べにさん)と読み、煮るか、蒸して水分量が14%以下になるように自然乾燥させたものです。
この加工方法は、サポニンが多く含まれる皮の部分を残すことが出来ます。

それでも製品選びに迷ってしまったら、製品の口コミや比較ランキングなどを参考にするのも良いでしょう。

サプリメントは継続してこそ、効果が発揮されます。
だからこそ、その効能、用法・用量についてしっかり把握してから服用することが大事です。
最後に、サプリメントは健康食品ですので、副作用はありませんが、身体から毒素が排出されて、正常な身体に戻ろうとする好転反応が起きることもあります。

しかし、好転反応は一時的な症状なので、心配する必要はありません。
しかしあまりにもひどく、長く続いた場合は、必ず医師に相談をしましょう。

トップに戻る